FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告 edit
委任状ラッシュ…そして
うちの学校は家庭数が600近くあります。総会となると全ての家庭に対して資料を配布し、出欠確認及び委任状を回収して集計する必要があります。

楽勝だと思っていた時期が私にもありました。


締め切りはとっくにすぎているのに、次から次へと届く委任状の束。だいたい届いただろうとクラス毎の集計結果に目を通すと明らかにクラス単位で出ていないだろうという提出率の低さ。確認にいくと案の定、出し忘れ@総会前日。

締め切りってなんだろうね…。


集計を始めて早々に分かったのが記載ミスの多さ。前年度の引継で委任状をそのまま使用した私の落ち度なのですが、とにかくわかりにくい。総提出数、出席者、有効委任状数をそれぞれカウントするのですが、有効があるってことは無効があるわけで…。

全体の1/3が記入ミスによる無効票ってなに?あまりに多いので無効票の種類別に分けると、PTA会員名を書かずに委任状の名前だけを書いているものが大半でした。

委任だから委任状の名前だけ書いておけば問題ないととるか、書類が埋まりきっていないので不備ととるかが争点になります。幸い全て記載されているものだけを有効とカウントしても、総会を開くのに必要な票数はありました。

懸念は総会を開く際に先ほどの数字を全て読み上げる必要があるわけで、闇雲に不備のあるものを有効とした場合、突っ込みが入りかねません。ですので、入力漏れについては無効扱いとして集計結果を発表。総会の最後、もしくは途中質問があった場合に委任状の無効票について説明を行い、委任状がわかりにくかった旨を出席者全員に報告して謝罪を考えています。

どうせ追求されて謝罪を要求される可能性があるのであれば、こちらから先に謝罪しておいた方がスッキリします。


この辺りの線引きは文化の違いをひしひしと感じます。なぁなぁが大杉。優しさと甘えは別だということに気がついていない。甘すぎだわ。かといって辛いと優しくないと思われる(言われないのがミソ)ので、中々力加減が難しいです。

価値観は人それぞれだし、ボランティアだから人を育てる必要もないと言えばないのだけど、何か一つでもPTA活動を通して成長してもらえたら嬉しいとは思う。

そういえば、よく私と一緒に活動している方がいるのですが、だいぶタフになりました。その辺は追々。
2018/05/17(木) PTA trackback:0 comment:0 edit
trackback url
http://alicena.blog2.fc2.com/tb.php/829-8bb9802f
trackback
comment
post a message






<<総会も終わり ひさしぶりの連休>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。